桐生秀臣・スパイラル(SPIRAL)は詐欺で怪しい?口コミや評判を隅から隅まで調査!

桐生秀臣のスパイラル(SPIRAL)に興味を持っています。

ネットを使って副業が出来る今では色々なビジネスが登場し自分の生活に合ったビジネスを選ぶことが出来る一方で選び方を間違えると稼げないという場合も考えられると思います。

そのため自分のレベルと挑戦するビジネスのレベルを考えて選ぶ必要があると思います。

初心者の方であれば最初は出来るだけ簡単で負担の少ないビジネスを選ぶのが良いのではないかと感じています。

桐生秀臣のスパイラル(SPIRAL)であれば初心者にも十分始めやすいビジネスになると思います。

今回はそんな桐生秀臣のスパイラル(SPIRAL)の特徴や魅力だけでなく、ネットビジネスでよくありがちな返金などの話や対処法などのについても触れていますので興味のある方は最後までご覧ください。

 
このサイトでは桐生秀臣のスパイラル(SPIRAL)に関する気になる情報を厳選してもっと詳しく調べています。
桐生秀臣のスパイラル(SPIRAL)についてもっと詳しい情報が見たいという方は下記のリンクからそれぞれの内容について調べた記事をご覧ください。
↓↓↓↓下記のリンクから見れます。

桐生秀臣・スパイラル(SPIRAL)についてまとめて調べてみた!

 

投資ビジネスSPIRALとは?その魅力について

副業をするからにはしっかりと稼ぎたいと思っている人は多いかと思います。月数万円というレベルではなく、できれば月に数十万円、欲を言えば数百万円稼ぎたいというのが本音でしょう。
ここで紹介するSPIRALは機関投資のトレード手法をインスパイアした次世代のモバイルアプリということで少しずつ話題になりつつある投資ビジネスです。投資にハードルを感じてなかなか参入できない人であっても安心して参入できる工夫がみられるため今筆者が副業として注目しているビジネスです。

公式サイトから読み取れるSPIRALの魅力は3つ

  • 高収入、3分で3万円を毎日稼げる
  • サポート有り、知識や経験不要、機械の操作が苦手な方も
  • 各種費用が無料、必要なものは元手資金である5万円のみ

 
そしてこの記事で知っていってもらいたいポイントが以下の3つです。
 

  • 稼げなかった時、損を出してしまったときに焦って返金を求めるのは得策ではないかもしれない
  • 第三者機関に頼る場合に生じる決して無視できないデメリット
  • 困ったらSPIRAL運営元に直談判がおすすめ

 
この記事では筆者の思うSPIRALの取り扱い方について解説していきます。

SPIRALで損を出してしまう可能性は?

絶対に勝てる、必勝とも呼べる投資は今の所ありません。SPIRALも例外ではなく投資である以上稼げないこともあるとして臨むべきだと筆者は考えます。
そしてここではSPIRALで稼げない状況に自らがハマってしまったと感じた際には一度落ち着くこと、次にSPIRALを運営している会社に相談することを推奨させていただきます。

筆者がそのようなことを推奨するのはなぜか、その答えは私達がとれる手段を一つ一つ比較してくと自然と見ることが可能です。

第三者機関を代表する法律事務所と消費者センター、2つの例についてまずは考えてみましょう。

~法律事務所を頼るとどうなる?~
法律事務所を訪れ弁護士を雇う場合、想定しうる最大のコストがかかることは言うまでもありません。相談料を無料としている法律事務所も今は少なくないですが、相談の結果本腰をいれてもらうことになれば当然費用はかさんでいきます。
着手金、日当、実費、無事解決すれば報奨金とその額は決して安くは有りません。

ここで注意しておきたいのは弁護士に味方についてもらったからといって必ずしもこちらの望む結果が手に入るというわけではないということです。
割りに合わない場合はそもそも弁護士から断られてしまうこともあります。

~消費者センターを頼るとどうなる?~
費用自体は弁護士を頼る場合と比較して安く済む消費者センターですが筆者はあまり良く思ってはおりません。
というのも解決できない可能性が非常に高いのではと訝しんでいるためです。
自治体が管理しているためお役所仕事的な対応をされることもあるようで、心無い罵倒を職員に受けた結果心に傷を負ってしまった…なんてケースもあるという話です。
法的拘束力も少なく、よくも悪くも仲介としての役割しか果たしてくれないようですので、いたずらに消費者センターを介して状況を悪化させるだけならば利用しないほうが得策なのではないだろうか?
というのが筆者の見解になります。

それぞれ異なったデメリットを持っており、どちらかがより優れているというわけではありません。筆者としてはこの2つの方法を試す前に、一度SPIRALの運営元に相談してみることをここでは推奨したいと思っています。

SPIRALの運営元に直談判することのメリット

筆者がSPIRALの運営元に直談判することを薦めているのは先程の法律事務所、及び消費者センターに協力をあおぐケースと比較してメリットがいくつかあるためです。

メリット1.コストが安い
SPIRALを既に始めていて、サポートを受ける体制が整っているのであれば、運営元に相談するために必要なコストはほぼ0と言っても過言ではないでしょう。弁護士に依頼すれば数十万円とかかった費用が0になるのですから、コスト面で優れていることは言うまでもありません。

メリット2.話がスムーズに進む
仲介業者を間に挟むよりも、話が円滑に進み、結果返金などの成果を得られる可能性が高いと筆者は思っております。弁護士を雇い法廷闘争をしたくないのはSPIRALだってしたくはないはずですので、直談判という手段は効果的に機能することが予想できるのです。

また、SPIRALにはガイドラインに相当するものが用意されているというのも直談判を推奨する理由の一つです。
ネットビジネスを管理する運営会社と連絡がとれないケースというのは少なくはないようで、直談判をさせてもらえないこともあるようです。
ですがSPIRALにはそのケースにも対応したガイドラインの準備があるとのことですので、ここで直談判を推奨しているというわけです。

いかがだったでしょうか?以上が筆者の思う、SPIRALという副業との付き合い方になります。SPIRALを始めようと考えている人にとっての参考になれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ