スパイラル(SPIRAL)の桐生秀臣という謎の人物について調査!!

最近はネットで色々なことが出来ます。

その一つとしてネットを使って副業をする事も出来るようになりました。

今注目しているのはスパイラル(SPIRAL)というビジネスです。

どの様なビジネスか知らないという方はこの記事の一番下にあるリンクから詳細な内容をまとめた記事を見ることが出来るのでそちらをご覧ください。

今回は今注目しているスパイラル(SPIRAL)の桐生秀臣という人物について調査してみました。

この人物は何者なのでしょうか。

早速見ていきましょう。

スパイラル(SPIRAL)の桐生秀臣とは?どんな人なの?

スパイラル(SPIRAL)の桐生秀臣という人物について調べたところスパイラル(SPIRAL)を運営する会社の販売責任者という事分かりました。

また、桐生秀臣の経歴については以下のような情報が出てきました。

 
桐生秀臣はプログラマーからヘッジファンドのファンドマネージャーに転職した異色の経歴を持つ投資家

個人で投資活動もしていたため機関投資家でその才能をいかんなく発揮し、アジア最大の金融ハブとして栄える香港にあるヘッジファンドで8年間勤務

その後30歳で個人投資家として独立し、ヘッジファンドなど金融のプロが使うトレード手法を個人ひとりが簡単に安心して利用できるようにと4年の歳月をかけSPIRALを開発。

 
以上の情報がわかりました。

詳しく説明して行きましょう。

スパイラル(SPIRAL)の桐生秀臣はとんでもない経歴の持ち主?!

まず最初に桐生秀臣という人物はもともとプログラマーとして働いていたようです。

その後ヘッジファンドのファンドマネージャーに転職したという事ですが、これがどのくらい異例なのかわかりにくいと思います。

私の個人的な印象ですがサラリーマンがパイロットに転職したというイメージでしょうか。

何が言いたいかというとプログラマーとヘッジファンドのファンドマネージャーというのはかなり違う業種になります。

通常転職というのは近い業種で行うことが多いです。

外資系の会社に勤めていたのであれば同じ外資系の会社に転職するというように業種が変わらないケースも多いでしょう。

しかし、桐生秀臣という人物はプログラマーからヘッジファンドのファンドマネージャーに転職したというのですから驚きです。

異例の投資家というネーミングはまさに桐生秀臣にピッタリだと思います。

それだけの実力を持っている方ならスパイラル(SPIRAL)を作り出してもおかしくはないかと感じます。

また、前職がプログラマーという事ですからおそらくプログラミングも桐生秀臣が行ったのだと思います。

つまりは桐生秀臣はスパイラル(SPIRAL)の生みの親という事になるのではないでしょうか。

スパイラル(SPIRAL)の桐生秀臣について調べてみましたが、とんでもない経歴の持ち主であることがわかりました。

これほどの実力があればきっとスパイラル(SPIRAL)も期待できるビジネスではないかと感じます。

 
最後にこのサイトでは別記事でもスパイラル(SPIRAL)について詳しく情報をまとめて紹介していますのでそちらも合わせてご覧ください。
⇒桐生秀臣・スパイラル(SPIRAL)は詐欺で怪しい?口コミや評判を隅から隅まで調査!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ